噛みごたえ抜群のインプラント治療|口コミで大注目の矯正歯科

医療用機器

再生治療を使った方法

医療用機器

インプラント治療は顎の骨に人工の歯根を埋め込む施術となるため、安全に手術を行なう場合には顎の骨にある程度の厚みが必要となります。顎の骨が薄い人の場合、人工の歯根が顎の骨を貫通してしまうことや、顎の神経に悪影響を与える可能性があります。そのため施術を行なう際には、インプラント治療ができるかどうかをきちんと検査を行なうのです。顎の骨の厚さは本人の生まれながらの体質なども関連しているので、本人の努力ではどうしようもないものです。しかし、顎の厚みが足りないからといって諦める必要はありません。京都のインプラント治療を行なう歯科では、骨移植や再生療法を用いた施術を行ないます。顎の厚みを改善させる治療法を行なうので、誰でも問題なくインプラント治療が受けられるのです。

京都の歯科では、自分の骨の一部を顎の骨に移植し、顎の骨の厚みを増す施術を行ないます。自分の骨を移植する自家移植となるので、免疫による拒絶反応が引き起こされることはありません。京都の歯科では、人工歯根を埋め込む顎の部位に骨移植を行なうことで、インプラントによる問題を解消してくれます。移植する骨は体に負担を与えないように、一部を削ったものを使用するため、自家移植によるリスクを受けることはありません。骨を移植する方法以外にも、PRPと呼ばれる再生療法も京都の歯科は行なっています。患者さんから採取した血液を遠心分離して得られる血小板から、取り出した再生因子を顎の骨に与えることで、顎の骨の成長を促進させ、骨を厚くさせられる施術です。骨移植とは違い体に傷を付けずに治療ができるとして、このPRPは多くの人に利用されている方法となります。顎の骨の状態などから、最適な治療法は変わってくるため、京都の医師のどのような治療法が適しているか、意見を聞きながら治療法を選択しましょう。

Copyright© 2016 噛みごたえ抜群のインプラント治療|口コミで大注目の矯正歯科 All Rights Reserved.